看護師について

看護師

看護理念
あなたらしい生活をバックアップ

リハビリテーション専門施設に働く看護師として、質の高い看護を提供できるよう、常に知識・技術の自己研鑽に努めています。また、一人ひとりの生活スタイルを重視し、安全を第一に考え、リハチームメンバーと協働して患者さんとご家族への支援をおこなっています。

※ 新採用者は事業団主催新採用者研修、配属先のオリエンテーション新採プログラムによる研修があります。

 看護師募集情報(PDF)

看護の体制について

横浜市リハビリテーション事業団に所属する看護職は配置換要綱に基づいて異動があります。

横浜市総合リハビリテーションセンター医療部所属の場合

宿直(EF勤務) 8:30~翌9:30 (22:00~6:00仮眠時間)
日勤(B勤務) 病棟 8:30~17:00
外来 8:45~17:15
遅出(C勤務) 11:45~20:15
夜間看護師 20:00~翌9:00

※宿直、遅出勤務はそれぞれ月に2~3回程度

リハビリテーション看護について

看護の様子

リハビリテーション看護の役割と機能

リハビリテーション看護は障害をもつその人が残された能力を生かしながら、「その人らしく生きる」という家庭を家族も含め看護の立場から支援することにあります。それは対象者のニーズを充足するために対象者に代わってケアを行う機能(身体援助)であり、励まし、勇気づけ、支持、保護するという心理的援助です。また、その対象者をとりまく環境を整備することや、その人が自ら充足できるようにといった方向に教育するという役割機能もあります。

リハビリテーション看護の役割と機能の図

  • 看護師について
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る