外来受診(診療所の外来通院)

外来受診を希望する方へ

当センターは、病気や外傷、あるいは生まれながらに障害のある方が必要とする医学的リハビリテーションを提供するための機能を担っています。

対象となる疾患や障害は、脳卒中による片麻痺やそれに伴う高次脳機能障害、脊髄損傷、切断、脳性麻痺、自閉症などが代表的です。こうした人々のご依頼に応じて診療を行い、その結果、医学的な立場から必要と考えられる治療を行います。

なお、急性期(病気になりたてのころ)の治療については、当センターでの対応が難しいため、お近くの一般医療機関においてまず初期の治療を行っていただきます。お体の状態が落ち着いた時点で、当センターでの治療を検討させていただきます。

リハビリテーションの具体的な内容としては、こちらの方法があります。

診察を受けるには

当センターは、完全予約制です。

まずは総合相談窓口(TEL. 045-473-0666)へお電話でご相談ください。

総合相談窓口は、当センターの利用を含め、障害児・者や高齢者のリハビリテーションに関する相談をお受けします。相談は、更生相談所および相談調整課のソーシャルワーカーが担当します。

PDFファイルで開きます主な診療科と担当医師(PDF)

診療にあたってのお願い

受診される方の負担を減らし、より正確な診断などのためにご協力をお願いします。

これまでの症状の経過や治療内容が分かれば、今後の診療に非常に役立ちます。

  
お持ちいただくもの
  • 健康保険証
  • その他の医療証(老人・障害者重度 など)
  • 医師の紹介状
  • 検査資料(CT、MRI、レントゲンなど)
  • 身体障害者手帳・愛の手帳
  • 補装具などがあれば、ご持参ください。
  • 総合相談窓口 月曜日から金曜日…045−473-0666(受付時間 8時45分から17時15分まで)
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る