沿革

昭和 62年 04月01日
社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団設立
62年 10月01日
乳幼児から高齢者までの障害及びその疑いのある方を対象に、総合的なリハビリテーションを行う施設として横浜市総合リハビリテーションセンターを開所、受託運営を開始
平成 元年 10月01日
障害及びその疑いのある子どもを対象に、地域における療育を行う施設として横浜市戸塚地域療育センターを開所、受託運営を開始
3年 11月01日
知的障害者通所更生施設として横浜市中山みどり園を開所、受託運営を開始
4年 08月28日
障害者のスポーツ・文化・レクリエーション活動を進める場として障害者スポーツ文化センター横浜ラポールを開館、受託運営を開始
6年 01月20日
横浜市北部地域療育センターを開所、受託運営を開始
平成 10年 12月01日
福祉機器・住宅改造・介護等の相談等を行う施設として横浜市中山福祉機器支援センターを開所
11年 05月01日
福祉機器・住宅改造・介護等の相談等を行う施設として横浜市反町福祉機器支援センター及び横浜市泥亀福祉機器支援センターを開所
13年 03月05日
横浜市北部地域療育センターの待機児対策として横浜市北部地域療育センター分室を開所
13年 04月01日
横浜市西部地域療育センターを開所、受託運営を開始
16年 07月01日
指定管理者として横浜市戸塚・北部・西部地域療育センターの管理運営を開始(指定期間:平成21年3月末日まで)
18年 07月01日
指定管理者として横浜ラポールの管理運営を開始
(指定期間:平成23年3月末日まで)
18年 08月31日
横浜市中山みどり園の受託運営を終了
18年 09月01日
指定管理者として横浜市総合リハビリテーションセンター及び中山・反町・泥亀福祉機器支援センターの管理運営を開始
(指定期間:平成23年3月末日まで)
平成 20年 10月01日
横浜市戸塚地域療育センターの待機児対策として横浜市戸塚地域療育センター分室を開所
21年 03月31日
待機児対策としての横浜市北部地域療育センター分室を閉所
21年 04月01日
引き続き指定管理者として横浜市戸塚・北部・西部地域療育センターの管理運営を継続(指定期間:平成26年3月末日まで)
22年 04月01日
横浜市北部地域療育センターの新規事業として児童デイサービス事業所ぴーす中川を開所
23年 04月01日
引き続き指定管理者として横浜市総合リハビリテーションセンター及び中山・反町・泥亀福祉機器支援センター及び横浜ラポールの管理運営を継続(指定期間:平成28年3月末日まで)
23年 04月01日
新規事業として、横浜市総合リハビリテーションセンター児童デイサービス事業所ぴーす新横浜、横浜市戸塚地域療育センター児童デイサービス事業所ぴーす東戸塚、横浜市西部地域療育センター児童デイサービス事業所ぴーす鶴ケ峰を開所
25年 03月31日
待機児対策としての横浜市戸塚地域療育センター分室を閉所
25年 04月01日
横浜市リハビリテーション事業団初の民設民営の施設として、よこはま港南地域療育センター・児童発達支援事業所ぴーす港南の管理運営を開始
26年 04月01日
引き続き指定管理者として横浜市戸塚・北部・西部地域療育センターの管理運営を継続(指定期間:平成31年3月末日まで)
28年 04月01日
引き続き指定管理者として横浜市総合リハビリテーションセンター及び中山・反町・泥亀福祉機器支援センター及び横浜ラポールの管理運営を継続(指定期間:平成33年3月末日まで)