診療所

病気や外傷、あるいは生まれながらに障害のある方が必要とする医学的リハビリテーションを提供するための機能を担っています。

対象となる疾患や障害は、脳卒中による片麻痺やそれに伴う高次脳機能障害、脊髄損傷、切断、脳性麻痺、自閉症などが代表的です。こうした人々のご依頼に応じて診療を行い、その結果、医学的な立場から必要と考えられる治療を行います。

なお、急性期(病気になりたてのころ)の治療については、当センターでの対応が難しいため、お近くの一般医療機関においてまず初期の治療を行っていただきます。お体の状態が落ち着いた時点で、当センターでの治療を検討させていただきます。

医療機関で急性期治療が終了し、在宅生活するための準備として集中的な機能訓練や介護指導を必要とされる方のために19床の入院施設があります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

開設科

  • リハビリテーション科
  • 整形外科
  • 小児科(発達リハビリテーション科、発達神経内科、発達精神科)

※補装具クリニック、車いすクリニックは上記に含まれます。

PDFファイルで開きます主な診療科と担当医師名

[ 申し込み方法 ]

完全予約制です。総合相談窓口までご連絡ください。

  • 総合相談窓口 月曜日から金曜日…045−473-0666(受付時間 8時45分から17時15分まで)
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る