高次脳機能障害支援センター

横浜市総合リハビリテーションセンター内に『横浜市高次脳機能障害支援センター』を設置しました。高次脳機能障害に関する相談は支援コーディネーターが担当します。

巡回相談を行っています。詳しくは各区のお知らせをご覧ください。

PDFファイルで開きます鶴見区  PDFファイルで開きます西区  PDFファイルで開きます中区  PDFファイルで開きます南区


PDFファイルで開きます旭区  PDFファイルで開きます金沢区  PDFファイルで開きます港北区  PDFファイルで開きます緑区


PDFファイルで開きます栄区  PDFファイルで開きます泉区

高次脳機能障害とは

脳出血、脳梗塞などの病気や、事故による頭部外傷などによって、脳に損傷を受けたときの後遺症の一つです。主な症状として注意障害、記憶障害、情報処理速度の低下、自己意識性の低下、遂行機能障害、易疲労、社会的行動障害があり、いくつかの症状が影響しあうことがあります。

身体障害とは異なり目に見えにくい障害のため、ご本人・ご家族・支援している方が気付きにくいことがあります。

1.専門職員による相談

まずはご相談ください

リハ訓練を受けたい、復職や復学を支援してほしい。

福祉サービスを知りたいなど、高次脳機能障害にかかわる相談をお受けします。(巡回相談も行っています)

2.高次脳機能障害外来

医師や専門職が診断や評価を行います

医師が診察し、高次脳機能障害についてご説明します。

その上で、支援計画を作成し専門職による評価を進めます。

3.訓練・支援プログラム

生活や仕事のやりづらさを補う方法を身に付けたり、
行動しやすい環境の整え方を考えます

心理士・作業療法士・理学療法士・言語聴覚士・スポーツ指導員による訓練の他に、地域生活や就労のための評価・訓練を行うこともできます。

4.訓練の成果を生活に

安心できる生活と
充実した社会とのつながりをつくりましょう

ご本人・ご家族や支援者の方に障害への理解を深めていただき、対応方法をお伝えします。身の回りのことや日中活動が継続できるように支援します。

5.地域支援・研修

生活や活動の場に職員を派遣します

実際の生活や活動の場に職員を派遣し、対応方法の定着や環境調整を支援します。その他研修なども企画します。

横浜市高次脳機能障害支援センター
PDFファイルで開きますパンフレット

受付時間 月~金曜日 8:45~17:15

Tel. 045-472-4722(直通) Fax. 045-472-4723

  • 総合相談窓口 月曜日から金曜日…045−473-0666(受付時間 8時45分から17時15分まで)
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る