横浜ラポール

文字サイズ

  • 中
  • 大
  1. ホーム >
  2. 聴覚障害者情報提供施設 >
  3. 【手話・筆記通訳】筆記通訳(パソコン通訳)[対象者3名以上の場合]

筆記通訳(パソコン通訳) [対象者3名以上の場合]

パソコン通訳とは、音声を文字にして伝える聴覚障害者のための情報保障方法のひとつです。一般的には、パソコンをLANで繋ぎ、パソコン通訳用のアプリケーションソフト(「IPtalk」など)を使用して複数の通訳者が入力を行います。入力した内容は、聴覚障害者が多数の場合、表示用パソコンを通して液晶プロジェクターなどで、スクリーンに投影する方法で行います。

対象の聴覚障害者が多数の場合のセッティング方法

セッティングイメージ

※入力用パソコンは通訳者が各自持参します。
※詳細は窓口担当者にご相談ください。

入力方法

パソコン通訳は、話しことばを聞き、要約しながら入力していきます。大変な集中力が要求されますので、通訳者の過度の負担を避け通訳内容の質を保つために、10分を目安に交替しながら通訳を行います。入力速度は1分間に概ね120文字~180文字です。パソコン通訳だからといって、話しことば(=1分間に350文字程度)が、全文入力できるわけではありませんのでご了解ください。

通訳者の人数
(目安)

・3時間未満の会議、講演等…4名
・3時間以上…6名 
※終日の研修等の場合は、午前、午後で通訳者が交代することもあります。
※通訳者の人数は、通訳時間や内容で異なりますので、事前にご相談ください。

パソコン通訳を行う際に必要な周辺機器・備品

周辺機器一式 (表示用パソコン、LANケーブル、ハブ、モニターケーブル)

通訳者派遣の申し込みとともに貸出申請を行ってください。機器一式の受け渡し・返却については、横浜ラポールまで来所していただきますので、事前に日程の調整をしてください(※宅配は使用できません)。

※横浜ラポール聴覚障害者情報提供施設で貸し出ししています(無料・要予約)。

机 (通訳者人数 ÷ 2 + プロジェクター、表示用パソコンを置く机 1)

椅子 (通訳者人数分)

折りたたみ式の長机、椅子で構いません。

スピーカー

会場内の音声が聞き取りにくい場合は、通訳者用のスピーカーを通訳者の近くに設置してください。

電源

パソコンの電源を取ります。必要に応じて通訳者の席の近くまで延長してください。液晶プロジェクターは消費電力が多いため、電源はパソコンと別のほうがよいので、ドラム式の電源コードもご準備ください。

ガムテープ

コード類を床などに貼り付けるために使用します。

パソコンで入力された文字を投影するために必要な機材

液晶プロジェクター

会場の明るさによって見えにくくなることがありますので、投影できるかどうか、実際に使用する会場で事前に確認をお願いします。光度2000ANSIルーメン以上のものがよいでしょう。その他、画面の調整のため「台形補正機能」がついているものが適しています。

※横浜ラポール聴覚障害者情報提供施設で貸し出ししています(無料・要予約)。

スクリーン

会場の大きさに合わせて選び会場の前方に設置します。

※横浜ラポール聴覚障害者情報提供施設で貸し出ししています(無料・要予約)。

※プロジェクターを使用しない場合:
 大型テレビ(21インチ以上のもの)

小規模な会議の場合には、パソコンで入力した文字をテレビモニターに接続し、映すこともできます。会場の明るさによって見えにくくなることがありますので、実際に使用する会場で事前に確認をお願いします。

※テレビを使用する場合は、スキャンコンバーター(信号変換機)が必要です。(横浜ラポールでは貸し出ししていません)

主催者の方へお願い

セッティングについて
  • パソコン通訳の場合、機器のセッティングやチーム内の打ち合わせ等に時間がかかります。特にプロジェクターを使用する場合は、画面の設定・調整にも時間が必要です。通訳者の集合時間は、最低でも行事開始1時間前にお願いします。その時間には主催の担当の方も必ず会場にいて、通訳者との打ち合わせをしてくださるようお願いします。
  • 通訳者用の机、椅子を準備し、おおよその位置を決めてください。スクリーンやテレビを聴覚障害の参加者から見やすい位置に設定し、テレビは電源に接続しておいてください。
  • プロジェクターを使用する場合は、おおよその位置を決め、電源に接続しておいてください。画面の調整は通訳者が行います。
※横浜ラポールから貸し出す「周辺機器一式」は、通訳者が開けて準備します。
音響について 音が聞こえないと通訳できません。通訳者の机の位置で、音声が明瞭に聞き取れるかどうか、確認してください。聞き取りづらい場合には、通訳者用のスピーカーを設置する等、ご配慮ください。
照明について キーボード操作のために適度な明るさが必要です。ビデオ上映や資料投影用の機材(OHC、パワーポイントによるプレゼンテーション等)を使用するため場内が暗くなる場合でも、通訳位置には適度な明るさが確保されるようご配慮ください。場内を暗くする必要がある場合には、事前にご相談ください。
資料について 通訳の質を高めるために、事前準備(学習)は大変重要です。通訳内容に関する資料(行事の進行表、会議・研修のレジュメ等)をご準備いただき、事前に提供してください。資料のデータがある場合は、派遣担当者まで、事前にメール添付で送っていただければありがたいです。
パソコン通訳の入力したデータ(ログ)の取り扱いについて
[お願い]

パソコン通訳は、手話通訳と同様、聴覚障害者に対するリアルタイムの情報を保障する手段であり、記録を目的とした行為ではありません。

要約筆記者養成のテキストを作成している難聴者・中途失聴者、及び要約筆記者の全国組織は、パソコン通訳の入力したデータ(「ログ」と呼びます)の扱いについて、以下の考え方を示しています。


要約筆記利用時のロールや用紙、ログの扱いについて

      一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
      特定非営利活動法人 全国要約筆記問題研究会

上記の方針にしたがい、ログの提供はできませんので、議事録等の作成は主催者の責任で行ってください。ただし、横浜市としては、当事者団体支援の意味から以下の場合に限り、ログの提供について特例的にご相談に応じます。

  1. 聴覚障害者団体が、会務決定に関わる重要な会議等(理事会、総会など)の議事録等作成の参考とする場合
  2. 特に聴覚障害者を対象とした研修等で、対象の聴覚障害者から主催団体(行政、企業など)へログ提供の希望があり、主催団体が対象者(聴覚障害者)への提供を了解している場合

※ログの提供は主催者経由(通訳者→主催者→聴覚障害者)となります。
※一般市民を対象とした行事等(講演会等)についてはログを提供いたしません。


上記1、2の場合は、特例的にログの提供を行います。いずれの場合でも、事前にご相談ください。提供しましたログは、あくまで議事録作成等の参考としてください。ログをコピーして原稿に貼り付ける等、そのまま記録として使用することはしないでください。提供しましたログは、議事録等の作成が完了し次第、速やかに消去してください。ご理解くださいますようお願いいたします。

※セッティングについては、当日通訳者同席の上、ご確認ください。
※何かご不明なことがありましたら、横浜ラポール聴覚障害者情報提供施設派遣窓口までお問い合わせください。

〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1752 障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール

© Yokohama Rapport. All rights reserved.