住宅改造・新築相談

住宅改造・新築相談イラスト

住宅改造や福祉機器に詳しい理学療法士や作業療法士、工学技師(建築士)がチームを組み、身体機能や使用環境の適合に関するアドバイスを行っています。

住宅改造トイレ、住宅改造階段リフト

理学療法士や作業療法士による身体機能評価をもとに設計プランを作成し、障害状況や生活環境などさまざまな条件を考慮し、その方に適した住まいづくりをお手伝いします。

段差解消機やリフトなど福祉機器を導入する際は、改造後の具体的イメージづくりのために横浜市福祉機器支援センターを利用し、機器の体験や評価も行うことができます。近年ではバリアフリー住宅や福祉機器への関心も高く、新築時から将来を見越した相談にも対応しています。

在宅リハビリテーションサービスもご覧ください。

  • 総合相談窓口 月曜日から金曜日…045−473-0666(受付時間 8時45分から17時15分まで)
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る