作業療法(Occupational Therapy)

作業療法室風景

作業療法士(OT)が、今後生活をしていく上で困ることなどを評価し、いろいろな活動(=作業)を用いて機能回復や維持のための治療や訓練を行います。

どんな方に対して?

脳血管障害(脳卒中)、脳外傷、脊髄損傷、切断、リウマチ、筋・神経疾患、脳性麻痺などで脳や身体に障害を負った方

どんなことを?

  • 復職や趣味活動の再開に向けた訓練
  • 高次脳機能障害(記憶力、注意力、計画的に物事に取り組む能力、感情のコントロール、意欲の低下)や精神面に対しての評価や訓練
  • 家屋状況や環境、改善への助言・指導など
日常生活動作訓練
日常生活動作訓練
食事、着替え、トイレ動作、
入浴など日常生活動作の訓練 脳卒中の手指の回復プログラム HANDS療法
家事動作訓練
家事動作訓練
料理、洗濯、掃除など家事動作の訓練
機能・利き手交換訓練
機能・利き手交換訓練
身体の機能訓練や利き手の交換訓練
道具考案・使用訓練
道具考案・使用訓練
できない動作を助ける便利な道具の考案や作成、使用訓練
  • 総合相談窓口 月曜日から金曜日…045−473-0666(受付時間 8時45分から17時15分まで)
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る