横浜ラポール

文字サイズ

  • 中
  • 大
s

月刊ラポラポ 文化情報

失語症の会話支援講座

要申込
 失語症者向け意思疎通支援者養成についての説明と失語症の基本的知識やコミュニケーションについての講義、会話体験を行います。
日時 5月12日(日)10時00分〜12時30分(9時40分受付開始)
会場 ラポール座

対象

失語症の方とのコミュニケーションに関心のある方、必要とする方。
失語症のボランティア活動や意思疎通支援者に関心のある方。
※失語症当事者の対象の講座ではありません。
定員 30人
参加費 無料
申込 定員になり次第締切
講師 神奈川県言語聴覚士協会 高濱 美佐子
横浜市総合リハビリテーションセンター 言語聴覚士 佐藤 ゆう子

 

創作工房 からのお知らせ

親子で作る、おやつめし要申込

体に優しい食べ物を親子で作りましょう。
日時 6月15日(土)10時30分〜13時00分
対象 障害のある小・中学生と保護者(介助者)
定員 6組12人程度
参加費 一組(大人1人、子ども1人)1,000円
※追加の場合、1人500円
申込 5月18日(土)必着
※応募多数の場合、過去の参加状況を考慮して調整します。
 定員に満たない場合、受付先着順。
※食物アレルギー、除去する食品のある方はご記入ください。
講師 野口 悦子
メニュー 梅干と黒豆のご飯、鶏ささみと野菜のベーコン巻、豆乳豆腐、プリン

 

 

みんなでプラネタリウム

 7メートルのドームの中に入って観る二つの物語。
 冒険家 星野道夫さんの人生を軸にしながら、オーロラの神秘を科学と神話の両面からアプローチした物語「オーロラストーリー」の上映と、ドームの大迫力の宇宙映像と語りと生の音楽を融合した類をみないライブのセットです。
 もう一つは、病気や環境によって、なかなかホンモノの空を観ることが出来ない方たちに星空や宇宙を届ける取り組みを各地で行っており、今回ラポールでその感動を味わう事ができます。どちらも車いすやバギースペースを用意しています。プラネタリウムイメージ

オーロラストーリー上映&星空コンサート(90分)要申込

日時 6月22日(土)①14時00分〜 ②18時00分〜
6月23日(日)①10時30分〜 ②14時30分〜
会場 ラポールシアター
定員 各回40人
入場料 大人 2,500円 小人(3歳〜小学生) 1,500円
申込 先着順
※希望日・時間、代表者氏名、人数(大人●人・小人●人)、住所、連絡先(メールアドレス)を明記の上、以下アドレスにお申し込みください。後日、主催者より連絡が届きます。
http://hoshitsumugi.main.jp/web/yokohamaticket

病院がプラネタリウム星空体験(20分)要申込

日時 6月22日(土)①11時00分〜 ②11時50分〜 ③12時40分〜 ④16時00分〜 ⑤16時50分〜
6月23日(日)①12時40分〜 ②13時20分〜
会場 ラポールシアター
対象 障害のある方とその介護人
定員 各回30人
入場料 無料
申込 ※希望日・時間、全員の氏名、年齢、障害状況、代表者の住所・電話番号を明記の上、横浜ラポールにお申込みください。
(6月8日以降に当落通知を郵送いたします。)

■ 主催:横浜みんなでプラネタリウムプロジェクト
■ 共催:一般社団法人 星つむぎの村 社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団