理念・特色

事業の目的

このセンターは、乳幼児から高齢者までの障害又はその疑いのある方々に対し、地域の関係諸機関・諸施設との連携のもとに、専門的かつ総合的なリハビリテーションを行うことを目的としています。

機能の特色

  • 1.総合的機能

    広い角度からあらゆる可能性を引き出すため、医学的、心理的、社会的、職業的等総合性をもったリハビリテーションを行います。
  • 2.専門的機能

    医師、療法士、心理士、指導員、ソーシャルワーカー等の専門スタッフを設置しています。
  • 3.中枢・調整的機能

    関係する専門諸機関、諸施設との連携を密接に図り、各々がもつ個別的な機能を有効に発揮してもらうための中核的、調整的な役割を担います。
  • 4.通所・通過的機能

    日常生活の場面からできるだけ離れないよう、通院、通所による訓練等を原則とし、かつ専門的訓練終了後は地域の関係諸機関、諸施設と連携していきます。
  • 5.地域サービス

    障害が重く通所が困難な方々に対しては、必要に応じて専門スタッフを派遣し、在宅での訓練・指導を行います。また、地域の関係機関に対して技術援助などを実施します。
  • 6.早期発見・早期療育

    福祉保健センターの乳幼児健康診査と連携し、障害の早期発見、早期療育に努めます。

設置主体   / 横浜市

指定管理者  / 社会福祉法人横浜市リハビリテーション事業団

指定管理期間 / 平成28年4月1日~平成33年3月31日

  • リハセンター総合相談窓口、受付時間、月曜日から金曜日、8時45分から17時15分まで、電話番号 045‐473‐0666
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る