職員インタビュー

北部センター 管理課 ソーシャルワーカー 菊池麻友
[平成26年度現在]

今の業務内容は?

療育センターに来られる方の相談、関係機関との連携を担当しています。

業務の様子

事業団を選んだ理由は?

大学時代に療育センターの通園でボランティアをしていたことがきっかけです。職員の方が皆さん明るく、とても活気があるように感じたのが印象的でした。また、通園施設であっても、色々な職種の人が関わって仕事をされているのを見て、色々な職種の方と一緒に仕事をできるのが楽しそうだなと思い事業団に就職しました。

どんな仕事をしていますか?

主に行っているのは、療育センターに初めて相談に来られる保護者のお話を伺い、必要な支援を考えることです。もちろん、利用を開始した方への相談も継続してお受けしています。相談の内容は子どもの発達について、家族のこと、福祉制度の利用など多岐に渡ります。その中で、人とサービスをつないだり、そのための調整を行っています。
また、地域の幼稚園、保育園に出向き、先生方への技術支援も行っています。

ソーシャルワーカーの仕事にはその他にも、区役所と合同で行う療育相談、研修の講師など様々なものがあります。

仕事をしていて、楽しさややりがいを感じるのはどんな時ですか?

日々、様々な家族や子どもに出会う仕事なので、色々な出会いがあることは楽しいです。 その出会いの中で、利用者さんと一緒に必要なサービスを検討し、実際に繋がった後に「サービスを使えてよかった。」という言葉を聞くと、やってよかったと感じます。 人の困っていること、悩んでいることに向き合う仕事なので、楽しいことばかりではありません。ですが、その人が前向きに生活していくきっかけを共に探せることが、やりがいになると、私は感じています。

業務の様子

事業団は、どんな雰囲気の職場ですか?

それぞれの職種が、プロ意識を持っている、熱い職場だと思います。また、女性が多い職場のため、とても華やかで明るく、パワーがあります。仕事と家庭を両立している先輩も多く、めりはりをつけた仕事の仕方を学べる環境でもあると思います。
ちなみに、私の所属している相談部は、ベテランの方から若手まで幅広い職員が揃っているため、なんでも相談し合える、家族の様にアットホームな雰囲気です。 相談部の業務内容が個人で行うものが多いため、情報共有をしっかりとしていることもそんな雰囲気に繋がっているのかなと思っています。

あなたの夢や目標を教えてください。

利用者さんが困ったときに、ふと思い出して、相談したいと思ってもらえる職員になることです。それは、ソーシャルワーカーとしてだけでなく、どの部署で仕事をするようになっても、目指していたいと思っています。 また、プライベートでは、ディズニーが大好きなので、世界のディズニーランドを回ることが夢です。香港のディズニーランドには行ったことがあるので、次はフロリダに行きたいなと計画中です。

業務の様子

皆さんへメッセージ

就職活動は自分の仕事を決める、大きなイベントだと思います。その分プレッシャーや、悩みもたくさんあると思いますが、終わってみれば良い思い出でもあります。 たくさんの就職先を検討できるのは素敵な機会だとも思いますので、ご自身の納得のいく就職活動になさってください。 そして、みなさんの希望する就職先が事業団であればいいなと思います。一緒にお仕事ができる日を楽しみにしています。

  • 看護師について
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る