横浜ラポール

文字サイズ

  • 中
  • 大
  1. ホーム >
  2. 施設案内 >
  3. 夏季期間のグラウンド利用について

夏季期間のグラウンド利用について

熱中症予防のため、気温の高い日は屋外グラウンド(ラポールグラウンド・100m直線コース・テニスコート)の利用を制限させていただく場合があります。
測定値が基準値を超えるなどの、運動を実施するのに「危険度は高い時」は、積極的に休養を取り、一時的に運動を休止するように心掛けてください。

気温(参考) WBGT温度

 熱中症予防のための運動指針

35℃以上 31度以上 運動は
原則中止
WBGT温度が31度以上では、皮膚温より気温の方が高くなる。 特別の場合以外は運動は中止する。
31~35℃ 28~31度 厳重警戒 激しい運動や持久走などの運動は避ける。運動を継続する場合は積極的に休息と水分補給を行う。 体力の低いもの、暑さに慣れていないものは運動中止。
28~31℃ 25~28度 警戒 積極的に休息と水分補給を行う。30分おきくらいに休息をとる。
24~28℃ 21~25度 注意 熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分補給を行う。
〜24℃ 〜21度 ほぼ安全 熱中症の危険性は小さいが、適宜水分の補給は必要。

光化学スモッグ

注意報が発令された場合は、ラポールグラウンド・100m直線コース・テニスコートの利用は中止となります。
警報が発令された場合は、地下グラウンドの利用も中止となります。

〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1752 障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール

© Yokohama Rapport. All rights reserved.