これまでの成果 平成26年度 (2014年)

リハビリテーション工学

  1. 人工呼吸器使用児に対するサイズ可変型設計用車椅子の開発(第1報)
    [2014年8月、第29回リハ工学カンファレンス、呉市]
    [2014年10月、第30回義肢装具学会学術大会、岡山市]
  2. 児玉真一・飯島浩・橋爪紀子・安倍信貴(株式会社マクルウ)

  3. サーボモータを利用した汎用デジカメシャッター装置の試作
    [2014年8月、第29回リハ工学カンファレンス、呉市]
  4. 藤記拓也・飯島浩

  5. 重度上肢障害者に対する多機能型携帯電話用インタフェースの開発~第3報~
    [2014年8月、第29回リハ工学カンファレンス、呉市]
  6. 上野忠浩

  7. The research of drawing-aids for disabled persons(Disability of upper limbs)
    [2014年8月、第29回リハ工学カンファレンス、呉市]
  8. 上野忠浩

  9. A development of the interface to operate Smartphones for quadriplegic people (The 3rd)
    [2014年11月、第8回韓国リハ工学カンファレンス、仁川市]
  10. 上野忠浩


第26回 横浜市リハビリテーション事業団 研究発表会

  • 一般演題
    1. 「維持期リハビリテーション入院の看護師の意識調査
           ~看護師役割の明確化に向けての思いの聞き取り~」
    2. 「屋外歩行拡大に向けた当センターの活動
           ~歩行アシストの使用場面を検討した脳卒中片麻痺者の紹介~」
    3. 「気づきの促進と自己決定に向けた支援について」
    4. 「高次脳機能障害支援センターの変遷 ~開設から5年を振り返って~」
    5. 「よこはま港南地域療育センター開所報告」
    6. 「在宅リハビリテーション事業における知的障害児への関わり」
    7. 「ぴーすにおける体育指導員の役割」
    8. 「ぴーす東戸塚における卒園児フォローの取り組み」
    9. 「症例報告“たかいたかい”から始まった人とのつながり
            ~重度知的障害児のコミュニケーション発達に対する支援~」
    10. 「中核機能としての肢体不自由者への成人期支援と学齢後期以降検討プロジェクトの取り組み
            ~継続フォローしている在宅肢体不自由者とその家族に対するアンケート調査から~

  • 企画
  • 「10分間で語るプロフェッショナルとしてのテーマ
     ~10年後の事業団を見据えて、変わってはいけないものと変わるべきもの、私はこう考える~
  • 総合相談窓口 月曜日から金曜日…045−473-0666(受付時間 8時45分から17時15分まで)
  • 事業団施設のご案内

ページのトップヘ戻る